Home

Bcp マニュアル 事例

危険物を取り扱っている場合は緊急的なシステム停止の方法 災害や事故が起きてからでは間に合わない準備を、事前に策定し訓練を行う事で通常業務の一部として組み込んでおくことがBCP対策の第一歩です。災害が起きてから焦らないように、危機管理マニュアルを作っておくことが重要となります。 より詳しく企業の防災を知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。. 業務を継続する環境の確保 業務仮再開フェーズでは、主に以下の内容を行います。このフェーズで本格的な復旧に向けての準備を進めておくことが重要です。 1. 続対策です。東日本大震災では、被災後に継続対策を検討し、実行した事例が多く見ら れますが、BCPはできる限り平時の冷静なときに、継続対策を考えます。 BCPの目次 防災マニュアルの目次 第1章 はじめに 第1章 はじめに. 1 防災士がオススメのひな形・マニュアル; 5 災害時の防災用品・備蓄品の購入は. ☑ 負傷者を附近の病院等へ移送 11. 従業員の安否確認 3. 平成24年度及び平成25年度に県は中小企業にBCP専門家を派遣し、「BCP作成のすすめ(かながわ版)」をベースにBCP作成支援を行い、これらの企業のBCP作成事例を紹介した「BCP作成事例集」を作成しました。BCP作成の際の参考にご活用ください。 「BCP作成事例集」は下記リンクからPDFファイルをダウンロードできます。ファイルサイズが大きいため時間がかかる場合があります。 一括ファイルダウンロード 【平成26年度】「BCP作成事例集」一括ダウンロードPDFファイル/622KB 【平成24年度】「BCP作成事例集」一括ダウンロードPDFファイル/9.

供給連鎖を止めない努力としてBCPが企業に求められている 3. bcp マニュアル 事例 ☑ 避難の実施. 2.災害対応事例にみる事業継続計画のポイント 【別紙】事業継続計画(BCP)の項目/例 ・・・・・・ ・・・・・・ 3 11 3.災害対応事例 (1)ヒアリング企業が被災した災害の概要 (2)ヒアリング企業一覧 (3)ヒアリング内容 【事例 1】 機械製造業.

5.BCPの見直し BCPの実効性を維持するため、定期的にBCP全体にわたる見直しを実施する。併 せて、教育・訓練の結果や組織変更等によってBCPを見直す必要が出た際にも、随時 BCPの見直し・修正を実施する。. 45MB 分割ファイルダウンロード 平成24年度版はファイルサイズが大きいため、分割ファイルもご利用ください。 【平成24年度】 1. 日本には30年以内に来ると言われているいくつかの地震があります。それは甚大な被害をもたらすとされ日頃からの備えを国も呼びかけています。ではまず30年以内に起こるであろうとされる地震を紹介しましょう。 特に懸念されている地震が”南海トラフ地震”と”首都直下地震”になります。特に南海トラフ地震は範囲が広く東海エリアから近畿、四国辺りまで被害が及ぶと予想されております。 自分の地域は懸念エリアから外れているから大丈夫、と思った方はいませんか?去年起こった熊本地震、あれは30年以内に1%未満※1という低い確率の地震だったのです。そう日本には地震が発生するであろう活断層が約もあり、いつ大きな地震が襲ってくるのか分かりません。 さて、そんな日本で介護施設を運営するために必要なのは、地震が起こる前の備えです。詳しく見ていきましょう。. ている事例。 1. 災害時における社内報告ルート策定と社外(警察・消防)へのスムーズな通報ルートの決定 7.

BCPとは何か? BCPとは、 「Business Continuity Plan」 の略で、日本語では 「事業継続計画」 と呼ばれます。 これは、企業が緊急事態に直面した場合に、損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするため、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための. BCPを策定することにより、企業が重要業務(中核業務)を中断せずに、あるいは中断しても目標復旧時間内に重要業務を再開することで、顧客の他社流出やマーケットシェアの低下防止が図られます。 このほか次のようなメリットがあります。 取引先や市場からの評価の向上 企業価値の向上 企業の社会的責任への貢献 変化に強い企業体質への変革 事業の見直しの促進 雇用の確保 など もちろん、事前に耐震補強等をすることにより人的被害も回避できます。 <企業の事業復旧に対するBCP導入効果のイメージ> 【内閣府防災担当(平成21年)「事業継続ガイドライン第二版」より】. BCPには大きく分けると「自由に作る」か「ISO23001」を取得するという、二つの作り方があります。「非常時の事業継続」という目的は同じですが、現状は自社独自に策定をするケースが大半を占めています。 現在策定されているBCPの大多数は独自作成によるものです。「非常時に事業を守る」という目的はいずれも同じですが、書籍やガイドラインを参考に自社のBCP担当者ががんばって作成する場合、行政や各種団体が用意しているテンプレートを用いて作成する方法、専門家やコンサルタントに依頼をしたり一緒に策定したりする方法などがあります。特別な理由がない場合は、この「自社独自のBCPを策定する」方法をとります。 一方、今後増加をすると考えられているのが国際規格の認証を受ける方法です。従来、策定したBCPの確からしさを対外的に証明するためには、英国規格協会(BSI)から発行されている事業継続マネジメントに関する英国国家規格「BS25999」か、情報システムに特化した国際規格である「ISO27001」を取得することが必要でしたが、年(平成24年)にBCPの国際規格である「ISO23001」が発行され、今後の普及が考えられています。. モデル企業が事業継続計画(BCP)を策定した場合の文書の一覧を例示している3。ま た、小売業を例にとり、製造業パターンの文書構成との比較表をまとめている。 なお、緊急連絡網や防災マニュアルなどは既に策定済みの企業も多いと考えられる。こ. 本格復旧フェーズ 初期対応フェーズには、主に以下の内容が含まれています。初期対応が終わり、落ち着いた次の段階ではいかにして業務を再開するかが重要です。 緊急事態発生後から24時間~2,3週間あたりが業務仮再開フェーズとして想定されます。 1. 3 bcpを策定している企業と策定してない企業との違い. 年の中越地震の際、取引先が被災し、事実上工場の操業がストップしたのを見た同社社長国分直人氏が「自社が同じ状況に置かれたらどうなるだろう」と感じたことがスタートになっています。 さらに、配電盤事業は同業者が国内に400社ほどあり過当競争の業界なため、もし、災害が起こって自社が生産できない状況に陥ったら、顧客の流出は免れないのではという危惧からBCP策定に着手しました。.

大阪府商工会連合会と連携して実施している、専門知識を持った経営指導員及び専門家によるBCP策定の支援を是非ご活用ください。 策定支援メニューは4コースあります。 ○ 簡易版BCP策定支援(Aコース) 2日間支援 / 費用:無料 地震の発生に備え、従業者が被災時にまず実施しなければならない初動対応に重点を置いた簡易版のBCP策定支援 ○ BCP策定支援(Bコース) 4日間支援 / 費用:30,000円(税抜) 脅威が発生した時の影響を事前に分析し、緊急事態に対処するための組織体制 (情報収集、広報、予算管理など)や初動対応に重点を置いたBCP策定支援 ○ BCPブラッシュアップ支援(Cコース) 2日間支援 / 費用:無料 策定済みのBCPをブラッシュアップ(内容の見直し、訓練の実施など)するための支援 ○ レジリエンス認証取得支援(Dコース) 3日間支援 / 費用:無料 国のレジリエンス認証取得に必要な申請手続きについての支援 ※過去に策定支援を利用し、BCPを策定した事業所が申込み対象となります。 ※レジリエンス認証については、コチラ(外部サイト)(外部サイト)のHPをご参考くだ. 事業継続計画(bcp)とは 「事業継続計画(bcp)」とは、自然災害などの緊急事態発生時に事業を継続するため、もしくは事業が停止した場合に一刻も早い復旧をするための計画、およびマニュアルそのものを指します。. . BCPマニュアル(サンプル付き)」をダウンロードして下さい。 ※メールアドレスを登録いただくと、無料でBCP策定や災害対策に関する全ての資料をダウンロードいただけるようになります。 ダウンロードしたzipファイルには2つのdocファイルが入っています。. 災害の種類ごとの行動計画表の作成 5. 表紙、裏表紙PDFファイル/501KB 2. 緊急事態対応手順 緊急事態対応計画(imp)マニュアル 7 6.

bcp マニュアル 事例 ☑ 医療機器を利用している入居者等のために電源確保 10. . 周囲の安全確保 2. 【策定支援制度/ガイドライン】 【その他BCPの策定・運用に役立つサイト】 ○大阪産業経済リサーチセンター(大阪府商工労働部)「大阪府内の中小製造業の防災と事業継続に関する調査結果報告書(平成22年3月).

BCPを用いるのはむろん非常時ですが、防災対策と異なりその対象は自然災害だけにとどまらず、テロなどの外部リスクや、自社の不祥事などの内部リスクにまで及びます。 BCPを用いる状況として最も分かりやすいのが自然災害です。近い将来の発生が想定されている首都直下地震や南海トラフ巨大地震、火山の噴火、台風や集中豪雨による水害、あるいは土砂災害、温暖な地域における大雪、直接備えることは難しいですが落雷や竜巻などが該当します。また新型インフルエンザによるパンデミックなど、感染症についても自然災害の一種としてBCPの対象として扱います。 BCPが防災対策と異なるのが自然災害以外のリスクを対象とする点です。まず無差別の外的リスクとして、電力会社の不具合による突然の停電、原子力事故、テロの発生などが考えられます。さらに自社を狙った外的リスクとして、恐喝や営業妨害、自社に対するサイバー攻撃などが考えられます。また重要な取引先や無くてはならない部品を製造している仕入れ先の倒産、災害による操業停止などもBCPの対象となります。 またBCPの特長として、自社を原因とする内的なリスクにも対応することが上げられます。典型的な例としては、食中毒、製品のリコール、異物混入などの問題が発生した場合。また従業員による個人情報の持ち出しや流出、コンプライアンス違反、粉飾決算、またいわゆるバイトテロ問題など、サービスではなく組織に問題があるケースもあり得ます。また不祥事ではありませんが、ワンマン中小企業における経営者の入院、重要なキーマンの退職や引き抜きなど、人的な問題もBCPの対象として考える問題です。. 年3月に発生した東日本大震災。多くの企業に打撃を与え、現在までに約社が震災の影響を受けて倒産したとされています。 こうした災害の影響を最小限に抑えるためには、事業を早期に回復させるためのマニュアルをあらかじめ作っておくことが必要。そこで今回は、BCP(事業継続計画. 優先的に再開する業務や店舗・工場 2. bcp マニュアル 事例 BCPを策定していればステークホルダーから信頼を得ることができる 今回の記事を参考にして、効果的なBCPを導入しましょう。. 事例については「BCP取組み事例集」(Ⅲ.BCP取組み の連携事例・アイデア集)を参照してください。 『(株) 製作所BCP基本方針』 ここで決定した方針は、これ以降のBCPを作る過程で常に意識して取り組んでください。 連携が有効!. 配電盤、制御盤、分電盤等の電気設備製造・販売および同改修工事を主な業務としている企業です。 同社の配電盤は、六本木ヒルズ、横浜ランドマークタワー、新丸ビル等の超高層ビルや、病院、学校、駅、空港、映画館、デパート等、ありとあらゆる場所で採用されています。 西新宿の都庁を始めとする高層ビル群の70%以上の建物に同社の製品が使われているほどです。. See full list on jxpress.

二次被害の防止 5. ☑ 漏電、ボイラーの破損など二次災害発生の原因になるものをすぐに点検し、電力会社や電気工事業者の判断を得る 14. ☑ 出火を見つけたら、火災報知器を押し、直ちに可能な範囲で消火活動 bcp マニュアル 事例 3. 避難場所の確保 2. 情報通信機器、測定機器、分析器などの日本を代表するハイテク精密製品の緩衝包装設計・製造を得意とする、社員58名の専門メーカーです。. Pでは災害対応マニュアル等による初動対応を前提に、いかにして医療機関の機能を継続 するかまでを計画する。 【BCPの特徴2】:医療機関全体として最適な優先業務を選定する. 近隣の企業や住民との交流と連携 8.

現在、事業の大小を問わず、様々な企業がBCP対策に取り組んでいます。そういった企業を対象に中小企業庁が作成した「BCP策定・運用状況の自己判断」というチェックリストがありますので、紹介します。 66個の質問に、「はい」か「いいえ」で回答するチェックリストです。「はい」が○○個あったから合格、「いいえ」が○○個あったから不合格、というものではありません。 「はい」がつけられなかった項目を把握し、「何がいま足りていないのか」に気付くためのチェックリストです。 チェック項目ごとに、「必須」もしくは「推奨」と優先度がつけられています。自社に必要な重要度の高い項目を確認する事ができます。 また、中小企業だけでなく自治体もこのチェックリストを活用して、準備を行なっているのです。. ☑ 家族等への連絡は、施設が一括して連絡 13. ☑ 施設被害の全体像の把握と周辺の被災情報の収集 12. ☑ ガラスの破片や棚の転倒状況を確認して、安全な避難経路を確保 6. ☑ 火災発生時の消火作業、消防署への連絡、避難指示(エレベータの使用中止をを指示) 4.

本県では、中小企業の方々がBCP(事業継続計画)を策定する際の参考となるよう、業種別BCP事例集を作成しました。 この事例集は、モデル企業で実際に策定されたBCPをもとに作成しており、作成上のポイントや具体的な記入方法などを各業種の特徴も踏まえ.