Home

下水道 bcp 策定 マニュアル 2017 年版 地震 津波 編

「下水道BCP策定マニュアル~第2版~(地震・津波編)」公開@4/2国交省,日頃なかなか縁の無い「水道行政」や「河川行政. また、「危機管理対策マニュアル策定指針」策定当初から、10年余の歳月が経過し、その間に平成23年(年)東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)や平成28年(年)熊本地震、平成27年9月関東・東北豪雨、平成28年1月の西日本一帯における寒波、平成30年7月豪雨などの大規模災害や施設. 「下水道地震・津波対策技術検討委員会報告書」 のとりまとめについて 国土交通省では、東日本大震災における被害の特徴から、被災地に向けて適切な復旧を行うた めの技術的手法の検討を行うとともに、全国の下水道施設に適用する耐震・耐津波対策の方向性 についてとりまとめ、総合的. 下水道 bcp 策定 マニュアル 2017 年版 地震 津波 編 策マニュアル策定指針」が、下水道については国 土交通省から「下水道BCP策定マニュアル~第 2版~(地震・津波編)」が公表されています。 これらを参考に、上下水道事業体からの受託業務 として、会員企業が地震等に対する危機管理計画. 詳細は、下水道BCP策定マニュアル~第2版~(地震・津波編)-平成24年3月 国土交通省水管理・国土保全局下水道部-に記されている。一部転載すると、以下のようなものである。※詳細は下のリンクからダウンロード可能。 また、年3月、国土交通省では、災害時に快適なトイレ環境を確保し. ndl-opac; cinii books; 著者. ・下水道BCP策定マニュアル~第2版~(地震・津波編)国土交通省 平 成24年4月 ⇒ 大規模地震や津波により下水道施設等が被災した場合でも、従来よりも速やかに、 かつ高いレベルで果たすべき機能を維持・回復するためのマニュアル など. 下水道 bcp 策定 マニュアル 2017 年版 地震 津波 編 交省さんの「下水道bcp策定マニュアル~ 第2版~(地震・津波編)」に沿ってbcpの 骨格となる事項の検討です(図-2)。 3.

はじめに 下水道は重要なライフラインの一つであり,都市の下水を常に適切に排除,処理する役割を担っている。大地震等により下水道がその役割を果たすことが. また昨年の熊本地震を踏まえ改定した「下水道BCP策定マニュアル年版(地震・津波 編)」を公表し、地方公共団体に周知した。 (/09/06) Adobe Reader 下水道 bcp 策定 マニュアル 2017 年版 地震 津波 編 ダウンロード : PDFファイルの表示するには フリーソフトAdobe Reader が必要です。 ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は. 下水道(トイレ) 5.

下水道事業における地震・津波対策の基本的な考え方と 「下水道bcp 策定マニュアル年版 (地震・津波編)」の策定について. 下水道 水の生活圏外への排除 水質基準:大腸菌群数 3,000個/cm3以下 土嚢等による下水の水路等への誘導 バキュームカーによる処理場への運搬 ポンプ車による汲み上げ、液体塩素等に よる消毒、放流 「下水道地震・津波対策技術検討委. 【技24-18】 【技24-18】 -1- 平成26年3月31日作成 平成31年4月 1日改定 し尿・生活排水の処理 【基本的事項】 被災地域のし尿・生活排水処理の問題は、上水道等のインフラ復旧に伴って深刻化すること. 月刊下水道 月刊下水道 35(8), 8-13,環境新聞社 tweet; 各種コード. 08 「事業継続ガイドライン 第3版」 ―あらゆる危機的事象を乗り越えるための戦略と対応―(平成25年8月 内閣府 防災担当). 検索 「下水道bcp策定マニュアル : 第2版(地震・津波編)」のポイント (特集 いのちを守る下水道bcp) 樽井 史朗; この論文をさがす.

本bcp で対象とする期間と対応について、「下水道bcp 策定マニュアル~第2 版~(地震・ 津波編)」に基づき、代替手段や応急復旧により暫定的に下水道機能が確保されるまでの期間を 対象期間とする。 図 1-3 下水道bcp の対象期間. 下水道BCP策定マニュアル(地震編) ~第1版 下水道BCP策定マニュアル(地震編) ~第1版~ 平成21年11月 国土交通省都市・地域整備局下水道部 i i は じ め に BCP(業務継続計画)は年米国WTCでのテロ以来、企業存続をかけた危機管理対策と して重要な地位を占めている。. 1には、下水道bcp策定マ ニュアル~第2版~(地震・津波編)に示される対象期間のうち、本書が対象とする 段階・期間を示す。 図 1. 年7月号「いのちを守る下水道bcp」特集 (/07/11) 【総 論】 8 『下水道bcp策定マニュアル~第2版~(地震・津波編)』のポイント 樽井 史朗 【事例研究】 14 震災直後からの被災情報等の発信─東日本大震災における宮城県の対応─ 三宅 淳 18 「名古屋市上下水道局事業継続計画(地震対策編. 境港市BCP(業務継続計画) 下水道 bcp 策定 マニュアル 2017 年版 地震 津波 編 【第1版】 平成25年1月 境港市.

注釈 ^ 年3月に、王子駅トイレの下水が40年以上にわたって石神井川に流れ込んでいた事が発覚した。石原. ご自分のところの「上水道BCP事業継続計画」を作成するなら、 ・「下水道BCP策定マニュアル(地震編)」に準じて、上水道編をご自身で作成する ・厚生労働省健康水道課の「「水道事業者等における新型インフルエンザ対策ガイドライン(改訂版)」(平成21年2月)」も参考にする ・地方自治. 震発災時における地方自治体の業務継続の手引きとその解説第1 版(平成22 年4 月)」を はじめ、国が業務継続計画の策定に向けた取組を支援しており、全国各地で業務継続計画 の策定が進められてき. (BCP)の策定を行った。検討に際しては、国土交通省の「下水道BCP策定マニュアル年版(地 震・津波編)」を参照するとともに、町災害対策本部の体制上の特徴などにも留意した。. 下水道 bcp 策定 マニュアル 2017 年版 地震 津波 編 2017 nii論文id(naid.

備蓄 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・. 1 下水道bcpマニュアルの対象期間および本書の対象期間 (下水道bcp 策定マニュアル~第2 版~(地震・津波編)の「図1-7 下水道bcp の対象期間」を一部改変. 道の耐震化計画等策定指針)において「等」を付しているのは、地震対策以外に津波対.

1 目 次 第1部 基本事項 1 BCPとは 2 境港市BCPの目的と目標 2-1 境港市BCPの目的 2-2 市BCPの目標 3 市BCPの基本方針 3-1 災害時優先業務への集中 3-2 一元的な災害時優先業務の実施及び資源の確保 2017 3-3 業務継続体制の整備. 樽井 史朗; 収録刊行物. 国土交通省が下水道事業bcp策定マニュアルの第1版を作成したのは、平成21年11月でした。しかしながら、東日本大震災より前に作成されたマニュアルであった為、津波による下水道施設の被害は想定されていませんでした。そこで新たに、国交省は津波被害を視野に入れたbcpを策定できるよう. 1計画策定の進め方 (1)これまでの下水道関連の震災後の対応マニュアル等を十分に活用して策定.

: 下水道BCP策定マニュアル年版(地震・津波編)」に基づく災害訓練実施に向けた検討業務 : 1: 国土交通省: 下水道事業: : 地震発生後における下水道機能の早期復旧手法検討資料作成補助業務: 1 &169; 構想日本・日本大学尾上研究室・Visualizing. 波圧を算定して、耐津波対策計画策定や下水道BCP 策定に. 1 はじめに 下水道は重要なライフラインの一つであり,都市の下水を常に適切に排除,処理する役割を担っている。大地震等により下水道がその役割を果たすこと. 国土交通省水管理・国土保全局下水道部下水道bcp策定マニュアル~第2版~(地震・津 波編)「図1-7 下水道bcpの対象期間」を一部改変 下水道 bcp 策定 マニュアル 2017 年版 地震 津波 編 平常時の準備 発 災 時 の 対 応 耐水化等のハード対策及び、重要 データの保管方法の工夫等のソフト. 平成29年度rccm試験の問題4-2(下水道部門)について語る、臨時掲示板です。 =下水道部門=. 1横浜市における既存の取組等 第2章 横浜市下水道BCP策定時に配慮する視点 2. 年06月15日に1620円で発売された月刊下水道(年7月号)【総 論】 8 『下水道bcp策定マニュアル~第2版~(地震・津波編)』のポイント 樽井 史朗 【事例研究】 下水道 bcp 策定 マニュアル 2017 年版 地震 津波 編 14 震災直後からの被災情報等の発.

5 1-4 関連防災計画の現状と下水道bcp の関係 bcp. 第1章 横浜市下水道BCPを取り巻く状況 1. 405 倍という値が示されている。 津波浸水深hbmax に対し基準水位hfmax がどの程度の割合で かさ上げされるか、O 県の下水道施設を対象に行ったシミ. 年11月に国土交通省が『下水道bcp策定 マニュアル(地震編)~第1版~』を公表し、下 水道業界にも広まりつつある。 我が国におけるbcp策定状況であるが、災害 時の早期復旧が求められる企業・団体(医療施 設、電気、通信、ガス、特定公共機関など約2,000 社)を対象として、内閣府が. 下水道事業bcp策定マニュアル―第2版―(地震・津波編).

この他にも、下水道BCP策定マニュアル(地震・津波編)も下水道に関する災害対応力の向上をするためのものとして挙げられます。 下水道のbcpを策定することで、災害時における下水道機能の確保につなげることができます。. 耐震化計画が未策定の水道業者等においても、現在有している更新計画等を基本と して重要給水施設に供給するライン(施設・管路)を優先して更新する等の水道施設全 体の耐震性を効率的・効果的に. 下水道bcp策定マニュアル改定検討委員会の委員長を担当する明治大学 研究・知的戦略機構研究推進員の中林一樹氏は、「本日発表された意見をまとめ、年版のbcp策定マニュアルを最終的にどうするかについて、全体の確認を行う。今回、水害に関する内容をこのマニュアルに盛り込んだこと. 今年3月に国土交通省、水管理・国土保全局下水道部から、「水環境マネジメント検討会報告書」というものが示されています。 内容は、「新しい時代の水環境マネジメントのあり方を検討するとともに、下水道行政としての具体的な対応方策のあり方を検討したもの」との位置づけです。. 年から 年まで. 下水道事業における地震・津波対策の基本的な考え方と「下水道bcp策定マニュアル年版(地震・津波編)」の策定について. 国土交通省 水管理・国土保全局下水道部 下水道bcp策定マニュアル~第2版~(地震・津波編)-平成24年3月; 下水道地震対策緊急整備事業 ; 下水道総合地震対策事業の拡充 25年度; 脚注. 災害時における下水道機能の継続・ &169;期回復は、発災後から対応を始めるのでは困難と なることから、国が平成24年3月にとりまとめた「下水道BCP策定マニュアル~第2版 ~(地震・津波編)」を参考に、白市下水道業業務継続計画(以下「白市下水道BC.

(8) 下水道BCP策定マニュアル~第2版~(地震・津波編)(国土交通省) (9) 効率的な汚水処理施設整備のための都道府県構想策定マニュアル(案)(国土交 通省) (10) 下水道長寿命化支援制度に関する手引き(案)(国土交通省). 国土交通省下水道部は「下水道BCP策定マニュアル年版(地震・津波、水害編)」を公表した。近年相次いだ平成30年7月豪雨や令和元年東日本台風などの豪雨災害、北海道胆振東部地震、令和元年房総半島台風での大規模停電を受けて、水害を対象に追加するとともに、広域・長期停電時に. 東日本大震災で明らかになった課題を踏まえ、平成21年に策定した旧マニュアルを改定し、「下 水道BCP策定マニュアル~第2版~(地震水道BCP策定マニュアル~第2版~(地震津波編)」・津波編)」を新たに策定 下水道BCPとは ①許容される期間 内に機能を. として、「下水道施設耐震計算例-処理場・ポンプ場編- 年度版」では津波浸水深の1. 下水道BCP策定マニュアル~第2版~(地震・津波編)が4月2日付けで示されました。 平成23年3月11日に発生した東日本大震災では、下水道施設も甚大な被害を受け、多くの自治体で下水道機能に支障. 本は「下水道bcp策定マニュアル年版(地震・津 波編)」となるが、横断的な組織調整の視点から、 災害時の関係機関の支援ルールが定められた「下水 道における災害時支援に関するルール」等も踏まえ たものとした。.

1 bcp策定時に配慮する視点 bcp策定時に配慮する視点としては、東 日本大震災の教訓と計画をつくるときの体. 白地図の上にビニールをかぶせ、自宅や学校をマークした後に洪水浸水想定区域や津波浸水想定区域、土砂災害警戒区域などの他、避難すべき場所や病院、公園などの位置を書き込んでいくワークショップスタイルの. BCP策定マニュアル改訂へ/熊本地震教訓に/国交省 Tweet 国土交通省下水道部は平成28年熊本地震の教訓を生かすため、「下水道BCP策定マニュアル(地震・津波編)第2版」の改訂に乗り出した。21日、第1回下水道BCP策定マニュアル改訂検討委員会を日本下水.

国土交通省は、「下水道BCP策定マニュアル年度版(地震・津波偏)」 を策定し、災害時の対策を推進しているのですが、平成28年度末時点で重要な 幹線等の耐震化済みは48%、未耐震化が52%となっております。下水処理場 では、耐震化済みが35%、未耐震化が65%となっております。 地震. Chrome、Firefox. 令和元年8月に下水道bcp策定マニュアル改訂検討委員 会を設置し、従前のマニュアルにこれらの視点を盛り込 むべく議論を進めてきました。 とりまとめの過程で発生した令和元年の災害の教訓も 含め、改訂版のマニュアルを「地震・津波、水害編」と して令和2年4月にとりまとめました。その.