Home

Prtr排出量算出マニュアル

本マニュアルをご覧になるには. PRTR排出量・移動量 算出マニュアル (炭化水素系対象物質篇) ( PRTR法*)準拠 ) 平成30年5月 (Rev. 排出量・移動量の算出には、以下の方法があります。 具体的な算出方法は、下記の「prtr排出量等算出マニュアル」をご参照ください。 prtr排出量等算出マニュアル(外部リンク) 物質群として指定されている第一種指定化学物質については、当該元素量に. PRTR排出量・移動量 算出マニュアル (炭化水素系対象物質篇) ( PRTR法*)準拠 ) 平成22年5月 (Rev. 20 prtr排出量・移動量算出マニュアル: 日本段ボールリサイクル協議会:: 21 鍛造品製造業におけるprtr排出量等算出マニュアル (社)全日本鍛造協会:: 22 超硬工具工業prtr算出マニュアル: 超硬工具協会:. 算出方法の詳細については、経済産業省が『prtr排出量等算出マニュアル』を作成しています。 以下のサイトを参考にしてください。 prtr排出量等算出マニュアル(経済産業省) <外部リンク> 排出量等の届出の方法 届出期間. 4.排出移動量算出に用いる工学計算、実測値、排出係数等について 4.1 prtr排出量算出マニュアル 工学計算 「平成12年度prtrパイロット事業 prtr排出量等算出マニュアル」からタン クの呼吸ロス、受入ロスなどを引用した(以下「マニュアル参照」と記載)。.

操作マニュアル prtr排出量算出マニュアル prtr届出システムの操作マニュアルです。 (簡易操作マニュアルは以下をご覧ください。 簡易操作マニュアル【pdf:3. 第Ⅰ部は、prtrの基本的な事項と、1つの事業者を例にとった排出量・移動量の算出から届出までの基本的な手順を掲載しています。 排出量を把握するにあたっての基本的な事項として知っておきたいことについて以下の各章を読んでください。. 移動量についても把握が必要です(法施行規則第4条第1号ト(→ pⅢ-476)には、「排出量及び 移動量」と規定されています。)。 Ⅱ45 2-2 特別要件施設以外 からの排出量・移動量の 算出手順 図2-1 対象物質の排出 量・移動量の算出手順. PRTR排出量等算出マニュアル 第4. ①受入量、給油量をそれぞれ入力します。 ※ベーパー回収設備を設置している場合は、「有」を選択してください。 ②「排出量を算出する」ボタンをクリックすると、算出結果が表示されます。. (独)製品評価技術基盤機構 prtrサポートセンター prtr排出量算出マニュアル tel:03-5465-1681(専用) Ø prtr排出量等算出マニュアル「経済産業省・環境省」 Ø 業種別排出量等算出マニュアル. 72mb】) 操作デモ prtr届出システムのデモページです。 (操作をしても届出には反映されません。) よくある質問(q&a). 排出量の把握等に役立つデータ 4-1 対象業種に関連する情報 (pⅢ-192~pⅢ-210)(pdf形式:468kb) prtrの対象業種の区分や業種の概要などを掲載しています。.

prtr排出量算出マニュアル 26) 石油連盟 *) PRTR法:特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律. PRTR制度(Pollutant Release and Transfer Register:化学物質排出移動量届出制度)において、事業者の方々が排出量等を把握する際の参考として用いていただくことを目的とし、排出量等を算出するにあたっての考え方や手法をとりまとめた「PRTR排出量等算出マニュアル」を作成しています。. prtr排出量等算出マニュアル (pdf版):経済産業省・環境省(平成30年3月版) 排出量等の算出の基本的考え方等について掲載 各ページがpdfファイルのため、配布や印刷に適しています。 業種別排出量等算出マニュアル作成団体一覧. PRTR排出量等算出事例・マニュアル等〔工程別、業種別等〕 ※ 上記「3 事業所の要件」は「取扱量」で判断しますが、数値を把握(算出)のうえ届け出いただくのは「取扱量」ではなく、環境中への「排出量」と「移動量」です。. 10) 石油連盟 *) PRTR法:特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律. 答 prtr排出量等算出マニュアルに記載のとおり、一般廃棄物処理施設(一般廃棄物焼却施設及び最終処分場)から下水道放流される第一種指定化学物質の量については、仮に他法令に基づく測定を行うこととなっているとしても、法に基づく届出の必要はありません。.

業界団体で作成されている業種別の排出量等算出マニュアルのリストを掲載しています。 4. 大気と水域のどちらが多いかがまったくわからない場合は、prtr 排出量等算出マニュアル第3部4-3-9を参考に判断してください。 なお、対象物質のヘンリー定数はprtr 排出量等算出マニュアル第3部42-8を参照してください。 prtr排出量算出マニュアル q. PRTR排出量等算出マニュアル(電子版):経済産業省・環境省(平成16年4月版) ・排出量等の算出の基本的考え方等について解説した算出マニュアルについて、インターネット によりWebブラウザで利用可能としたものです。. 業界団体で作成されている業種別の排出量等算出マニュアルのリストを掲載しています。 4. 2版 変更・修正点 平成30年3月改訂 平成31年3月改訂 1.当該事業所の外への移動量に関する記載の修正 ・「当該事業所の外への移動量」の該当性や廃棄物と有価物の考え方を廃掃法の観 点から適切な表現に修正しました。. PRTR排出量等算出マニュアル(電子版)/PRTR排出量等算出システム 「経済産業省・環境省」 電子版排出量等算出マニュアルを読みながら、インターネット上で届出書やその電子ファイルが簡単に作成できます。.

お問い合わせ 算出マニュアルへ. 191に記載されて. PRTR排出量等算出マニュアル「第Ⅱ部巻末」の作業シートでは硫酸亜鉛や塩化亜鉛のような化合物名がわからないと計算できません。どうしたらよいですか。 a122. 4 変更届出書等の提出について. prtr排出量・移動量算出 マニュアル 改訂第1版 年1月石油連盟 20 ゴム工場用prtr法の解説 と実務 年8月加藤進一((株)加藤事務所) ※ゴム製造品製造工程排出 量等算出マニュアル 年8月日本ゴム工業会 prtr排出量算出マニュアル 21 光学ガラス原料を対象とし たprtr排出量・移動量算. PRTR法について PRTR(Pollutant Release and Transfer Register:化学物質排出移動量届出制度)とは、有害性のある化学物質が、どこから、どれくらい大気中や水域に排出されたか、あるいは廃棄物として処理されたか等のデータを把握、集計して、公表する仕組みです。. 経済産業省 prtr制度(業種別排出量等算出マニュアル) 環境省 prtrインフォメーション広場(prtr排出量等算出マニュアル) nite 化管法関連情報. ※ 上に示した取扱量の判定、排出量の算出方法については、判定基準となる取扱量を「1÷(比重×対象物質の含有量)」、排出係数を「比重×対象物質の含有量×排出率」で計算していますが、数値は経済産業省・環境省のprtr排出量等算出マニュアルを基にしており、比重を0.

14) 石油連盟 *) PRTR法:特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律. prtr排出量算出マニュアル PRTR排出量・移動量 算出マニュアル (炭化水素系対象物質篇) ( PRTR法*)準拠 ) 平成23年4月 (Rev. 環境省prtrインフォメーション広場(prtr排出量等算出マニュアル) 排出量等の算出の基本的考え方等について掲載。届出書作成支援ソフト (prtr排出等算出システム)もご活用ください。 経済産業省prtr制度(業種別排出量等算出マニュアル) 業界団体等が. ※算出方法の基本的考え方等については、「PRTR排出量等算出マニュアル」を参照して ください。 届出期間 届出期間は、毎年4月1日から6月30日(最終受付日)までとなっています。お早めの 届出にご協力ください。. 『PRTR排出量等算出マニュアル』に、業界団体で作成されている業種別の排出量等算出マニュアルのリストが掲載されております。 各マニュアルの入手方法については、以下リンク「PRTR排出量等算出マニュアル (PDF版)」の第3部資料編p. 算出システム、算出マニュアルの入手はprtrインフォメーション広場(環境省)内の「prtr排出量等算出マニュアル」をご参考ください。 prtrトップへ戻る.

2版)(経済産業省のページへリンク) 本マニュアルは、経済産業省と環境省が平成23年3月に合同で改訂したもので、事業者の方々が化学物質の環境中への排出量等を把握する際の参考として用いていただくことを目的としています。. Ø (独)製品評価技術基盤機構 化管法q&a. prtr算出システムを使用する前に 1)msdsとは これから、prtr算出システムを用いて、クリーニング業でprtr届出の対象となる「第一種指定化学物質の排出量及び移動量の届出書類」を作成するにあたって、あなたの企業が購入している各種の「石油系溶剤」、「ドライクリーニング用洗剤」及び. (出典) 中小企業総合事業団;化学物質排出量等算出マニュアル化学工業以外の工業編 銑鉄鋳物工業、(社)日本鋳物工業会、日本可鍛鋳鉄協会、(社)日本強靭鋳鉄工業会(年1月) セ) 非鉄金属鋳物工業における排出係数等.